終身保険は40歳までに加入する

student128_128終身保険というのは、一生涯保障が続く、万能商品のように宣伝されていますが、注意すべきポイントがあるのです。

終身保険は早く加入しないと保険料が高くなる?

終身保険というのは、保障が一生涯続く生命保険のことです。貯蓄性のある生命保険に分類されます。

これだけ見てしまうと大きなメリットのある生命保険ということになりますが、大きなデメリットもあるのです。

保障が一生涯続く一方、保険料の払い込みも一生涯続くことになるのです。

また、大きな特徴として、契約時年齢が若ければ若いほど、毎月支払う保険料額が安くなるのです。

終身保険は40歳までに加入する

終身保険の年齢と払込保険料月額

アフラックの終身保険500万円コースの例

契約日の満年齢 男性 女性
20歳 6,310円 5,520円
30歳 7,810円 6,730円
40歳 10,070円 8,455円
50歳 13,625円 11,050円
60歳 19,660円 15,285円
70歳 31,340円 23,305円

となっています。

終身保険は年齢が若いうちに加入すると保険料の払込期間が長くなるため、必然的に払込保険料月額は安くなります。逆に恒例になってから加入すると保険料の払込期間が短いため、払込保険料月額が高額になってしまうのです。

つまり、終身保険に加入しようと思っても、50歳を超えてしまえばかなりの高額の保険料になってしまうため、毎月の家計に対する負担が大きくなってしまうのです。

30歳で加入すると7,810円の支払いが続きますが、50歳で加入すれば13,625円の支払いになるため、約2倍の支出増になってしまうのです。上記の例は500万円の保険金額のコースですが、保険金額を多く設定すればさらにこの差は拡大してしまいます。

目安としては、終身保険に加入するのであれば40歳までに加入すべきと言えるでしょう。

終身保険は年齢が若いうちに加入すると、自由に使えるお金が多い若いうちに保険料を前払いするイメージなのです。