おすすめの定期保険の選び方!

doctor3128_128

定期保険に入ろうと決まっている方におすすめの定期保険の選び方を解説します。定期保険はシンプルな生命保険なので、複雑な手順は必要ありません。

1.定期保険の保険料を一括で見積もりをしてみる

価格.com 保険」を利用すれば、年齢と保険金額を入力すれば、保険会社別の定期保険の保険料一覧が月払い保険料順にランキング表示されます。

kakakucomhoken2

上記のような形です。

これで月払い保険料の安い生命保険会社がわかります。

価格.com 保険はこちら

2.上位3社の生命保険会社+気になった生命保険会社の資料を取り寄せる

「価格.com 保険」の一覧には、リスク細分型の割引内容やリビング・ニーズ保険金の有無など詳細の情報が載っていないため、払込保険料が安い上位3社の生命保険会社と自分で気になった生命保険会社があれば、その保険会社にチェックを入れて資料を取り寄せます。

10年更新型の定期保険を選ぶ場合には、自分の年齢+10歳、自分の年齢+20歳と更新時の保険料に関しても、この時点で試算しておきましょう。

3.リスク細分型の割引サービスの内容を確認する

資料を読み込みながら、サービスの概要とリスク細分型の割引サービスの内容を把握します。

その上で、割引も含めた月払い保険料が一番安い生命保険会社に絞り込みます。

4.「価格.com 保険」に載っていないネット生保もチェックする

「価格.com 保険」に載っていないネット生保、たとえばネットライフ生命などは直接ホームページに行って、同じ条件で見積もりをしてみます。

5.月払い保険料が一番安い生命保険会社を決めて申込み

これで月払い保険料が一番安い生命保険会社がわかるはずなので、保険料以外にどうしても重視したいポイントがある場合を除いて、月払い保険料が一番安い生命保険会社に申込みましょう。

まとめ

定期保険はシンプルな保険であり、解約返戻金などもほぼないので、同じ保険金額であれば、一番安い保険会社に決めておくのがおすすめの定期保険の選び方と言えます。

注意したいのは、払込保険料が自分の年齢で一番安い保険会社だったとしても、10年後の更新時に年齢が上がった場合には一番安い保険会社ではないということも起こり得るのです。

10年後は別の定期保険を選びなおすというのであれば、問題がありませんが、引き続き更新していくことを重視するのであれば、10年後、20年後の保険料の安さもチェックしておく必要があるのです。