どんな条件で保険料が安くなるのか?

money128_128

生命保険の保険料は、何を基準に高くなったり、低くなったりするのでしょうか?生命保険の見直しには、このどの条件を動かせば保険料が下がるのかを把握しておくことも重要な条件なのです。

保険料は保険期間に連動する

保険料は、保険期間、つまり保険金が受け取れる保険契約の期間に連動します。これは保険会社が保障しなければいけない期間なので、当然のように長くなれば保険料が高くなり、短くなれば保険料が低くなります。

  • 保険期間が長くなれば → 保険料は高くなる
  • 保険期間が短くなれば → 保険料は低くなる

保険料は保険料払込期間に連動する

保険料は、保険料払込保険期間に連動します。同じ保険金額の場合、保険料の払込期間が短くなれば1ヶ月あたりの払込保険料は高くなるのです。

  • 保険料払込期間が長くなれば → 保険料は低くなる
  • 保険料払込期間が短くなれば → 保険料は高くなる

保険料は契約年齢に連動する

保険料は、契約時の契約者の年齢に連動します。これは年齢が高くなればなるほど、死亡率や病気になる率が引き上がってしまうため、高年齢で契約をすると保険料は高くなるのです。

  • 契約時年齢が高ければ → 保険料は高くなる
  • 契約時年齢が低ければ → 保険料は低くなる

保険料は保険の種類に連動する

同じ保険金額だとしたら、定期保険が一番保険料が安く、終身保険がその次に保険料が安く、一番高いのは貯蓄性のある養老保険になります。

  • 定期保険 → 保険料は低くなる
  • 終身保険 → 保険料はやや高くなる
  • 養老保険 → 保険料は高くなる

保険料は保険会社に連動する

保険料は保険会社によっても変動します。保険で預けた資金の運用が上手な保険会社や店舗などのコストが低いネット系生命保険会社は保険料が低くなります。

  • 資金運用が上手な保険会社 → 保険料は低くなる
  • 店舗コストの低いネット系生命保険会社 → 保険料は低くなる

保険料は、保険金額に連動する

当たり前ですが、保険金額が増えれば保険料は高くなります。

  • 保険金額が高ければ → 保険料は高くなる
  • 保険金額が低ければ → 保険料は低くなる


上記以外にも保険料が決まる要因というものはありますが、主にどんな指標と連動して保険料が安くなるのか?を把握した上で生命保険見直しを行うことをおすすめします。