生命保険見直しの手順

map2128_128「生命保険の見直しをしよう。」と思い立ったら、まず何をすることからはじめれば良いのでしょうか?ここでは生命保険見直しのおすすめの手順について解説します。

1.現在加入中の保険の保障内容、保険料を確認する

まずは今加入している保険の保障内容、保険料、保険金額などを洗い出す必要があります。

把握する項目

保険の種類

定期保険なのか、終身保険なのか、養老保険なのか、当たり前のことですが今一度保険の種類を確認しましょう。

死亡保障の保険金額

死亡時に受け取れる保険金額を調べましょう。複数の保険に加入している場合は、合計金額を把握します。

医療保障の給付金額

入院や手術時に受け取れる給付金額を把握しましょう。

保険期間

いつまで上記の保障が継続するのか?のこりの保険期間を確認しましょう。

保険料

現在支払っている保険料の金額を確認します。

その他の特典・特約

その他の保険に関する特典があれば把握しておきましょう。

2.現在の必要保障額を計算する

現在の必要保障額をシミュレーションをして、いくらになるか?を確認しましょう。これが死亡保障の保険金額の目安になります。

また、医療保障に関しては

入院給付金の目安を最低5,000円、望ましいのが1万円と考えましょう。

3.保障の過不足をチェックし、最適な保障を考える

上記の「1」「2」のステップで確認した情報をもとに見直しの必要性、最適な保障内容を検討します。

  • 算出した必要保障額以上の死亡保障がある
  • 入院給付金が1万円を超えて手厚い
  • 必要のない特約がある
  • 保険期間が現在の希望と異なる
  • 払っている保険料に不満がある

という場合、実際にどこまで条件を下げられるかを検討します。

●FP(ファイナンシャルプランナー)への相談タイミング

この時点で、どうするべきかわからないという方は、必要保障額と現在加入している保険の内容を確認した上で、FP(ファイナンシャルプランナー)に相談しましょう。

4.保険商品を比較する

生命保険の一括資料請求によって、各生命保険会社の商品情報を入手します。

必要保障額を前提として、保険料やその他の特典などを比較し、希望している生命保険を絞り込みます。

生命保険会社に相談をして、自分で決めた理由や商品・サービス内容に間違えや認識のずれがないかを確認して、申し込みます。

●FP(ファイナンシャルプランナー)への相談タイミング

最適な保障、希望する保障内容が決まったら、FP(ファイナンシャルプランナー)へ相談して、その保障内容での一番お得な生命保険を紹介してもらうことも可能です。自信で資料を集めて生命保険を決めたんだけれども、本当にこれでいいのか不安という方も確認の意味でFP(ファイナンシャルプランナー)へ相談してみましょう。

まとめ

生命保険の見直しは、「目的」を明確にすることでスムーズに行うことが可能です。とにかく、保険料を下げたいのか?貯蓄性のある形にしたいのか?保障内容を充実したいのか?何が生命保険見直しの目的なのかを明確にして、見直しをすすめましょう。