定期保険の自動更新には注意が必要。保険料が上がってしまう?

security128_128

定期保険に加入している方も多いと思います。定期保険の場合は自動更新という契約になっていることが多いのですが、多くの方は加入時の説明が不十分であったり、理解をしないまま契約してしまっていて、自動更新というものがあることすら忘れている方もいるようです。しかし、この定期保険の自動更新には気をつける必要があるのです。

定期保険は自動更新で保険料が上がる

生命保険の定期保険は、契約時の年齢に応じて保険料があがります。これは年齢が高くなるほど死亡率が上がってしまうため、リスク増加分、払込保険料が高くなるのです。

ライフネット生命保険で見積もりをした場合

  • 30歳 定期保険 保険期間10年 保険金額 3000万円 月額保険料 3,484円
  • 40歳 定期保険 保険期間10年 保険金額 3000万円 月額保険料 7,240円
  • 50歳 定期保険 保険期間10年 保険金額 3000万円 月額保険料 17,194円

となります。

30歳からの10年と、50歳からの10年では、月額保険料は6倍以上に上昇してしまうのです。

つまり、定期保険を保険期間10年で自動更新にしていると、年齢を重ねていて気づかないうちに保険料が大幅に上がっていることになります。

定期保険は自動更新が当たり前

定期保険の場合、自動更新が保険契約に記載されているのが一般的です。しかし、加入時に自動更新の内容まで事細かに説明してくれるかというと別問題なので、認識していない方も多いのです。

例えば

「ご契約者から保険期間満了の日の2週間前までに更新しない旨の申出がない限り、被保険者の健康状態にかかわらず、保険契約は自動的に更新されます。更新後のご契約の保険料は、更新日現在の被保険者の年齢および保険料率により計算します。」

というような一文が入っていることになります。

10年という長い期間があるのに、更新しない申出ができるのはたった2週間と短くなっているケースが多いのです。

「いつの間にか、保険料がすごく高くなっているんだけど・・・」

と自動更新について知らない方は慌ててしまうのです。

定期預金の更新時には生命保険の見直しが必要

定期預金が自動更新になるタイミング、加入から10年たった場合、本来であれば必要保障額が下がっているはずなのです。

これは年数が経過すれば、契約者、つまり世帯主の収入が途絶えた場合に残された家族が生活するのに必要とされる費用も生存年数が短くなっているため、下がるはずなのです。

つまり、先ほどの例で言えば

  • 30歳 定期保険 保険期間10年 保険金額 3000万円 月額保険料 3,484円
  • 40歳 定期保険 保険期間10年 保険金額 2000万円 月額保険料 4,910円
  • 50歳 定期保険 保険期間10年 保険金額 1000万円 月額保険料 5,898円

保険金額を見直して、こうするのが普通なのです。これであれば月額保険料の負担も大きくは増加しないのです。

しかし、知らずに自動更新のままにしておくと

  • 30歳 定期保険 保険期間10年 保険金額 3000万円 月額保険料 3,484円
  • 40歳 定期保険 保険期間10年 保険金額 3000万円 月額保険料 7,240円
  • 50歳 定期保険 保険期間10年 保険金額 3000万円 月額保険料 17,194円

といつの間にか無駄な保険料を払わされてしまいます。

また、2013年現在ではネット生保と呼ばれる格安生命保険が登場してきているように、10年あればもっとお得な、もっと安い生命保険が登場してきてもおかしくありません。

定期保険の自動更新は、自動更新前に生命保険の見直しを行うのが賢い方法なのです。