生命保険加入のきっかけアンケート結果

graphbar128_128

ほかの人が生命保険に加入しているきっかけはなんなのでしょうか。ここでは、生命保険文化センターが発表しているデータを紹介します。

生命保険加入のきっかけアンケート調査結果

出典:生活保障に関する調査(速報版)/生命保険文化センター
調査時期:平成25年4月13日~6月10日
調査サンプル:4,043
調査対象:18~69歳の男女個人

生命保険加入のきっかけは?

一番多いのが家族や友人のすすめで約2割

と言っても、その中でも多いのは家族だと想定されます。結婚した夫婦であれば、世帯主の収入がなくなってしまうとその後の生活が立ち行かなくなってしまう場合が多いため、奥さんから「生命保険の加入を検討してほしい」と頼まれたり、すすめられるケースが多いようです。

また、もう一つのケースとして、生命保険の販売をしている営業マンやFPは、友人の中には一人はいるといってもいいでしょう。友人からのすすめというのには、友人関係にある販売営業マンというのも含まれているのではないでしょうか。

二番目に多いのは営業による加入

保険のセールスレディなど、生命保険の営業はありとあらゆるところで登場します。訪問販売でくるケースもあれば、会社に営業に来るケースもあるでしょう。付き合いも含めて、営業によって加入する方が多いということです。

ライフスタイルの変化で生命保険加入

「結婚したから」「就職したから」「子供ができたから」とライフスタイルが変更したときも、生命保険加入のきっかけになるようです。家族ができた場合が多いイメージでしたが、就職時に加入する方も多い結果になっています。

生命保険は、自分の意思で決めている人が少ない事実

家族や友人、営業マン、仕事の付き合い、この3つを足すと約半数の方は、「すすめられて」生命保険に入っているのです。

これが生命保険の見直しをすすめる理由なのです。

自分の意志でない生命保険の加入は、自分で比較検討して吟味しておらず、すすめられるがままに加入している人も少なくありません。

中には、条件の良い生命保険に加入しているケースもあるとは思いますが、ほとんどの場合は、無駄な生命保険料を支払っているのです。

第三者にすすめられて生命保険に加入した人は、生命保険の見直しを行って、家計の負担を軽減しましょう。