生命保険に加入しない理由アンケート結果

graphbar128_128生命保険に加入していない人は、どういった理由で生命保険の加入をしないのでしょうか。ここでは、生命保険文化センターが発表しているデータを紹介します。

生命保険に加入しない理由アンケート結果

出典:生活保障に関する調査(速報版)/生命保険文化センター
調査時期:平成25年4月13日~6月10日
調査サンプル:4,043
調査対象:18~69歳の男女個人

生命保険に加入しない理由と間違っている認識

経済的余裕がないからが約半数

経済的に余裕がないから生命保険に入らないというのは間違った認識と言っても過言ではありません。年収も多い方で支出が一時的に多くて経済的余裕がないというのであれば問題はありませんが、年収が少ないことで経済的余裕がない方であれば、逆に生命保険が必要なのです。

収入が少ないが愛、万が一のときの残された家族の生活が一層苦しくなってしまうため、経済的負担が比較的少ない定期保険への加入がおすすめです。

生命保険についてよくわからないからが13.8%

生命保険の必要性を感じていないという方は問題ありません。生命保険の仕組みを知ったうえで私には必要ないと判断しているのであれば、必要ない商品です。しかし、生命保険のことが良く分からないという場合は、本来は必要である可能性もあるため、生命保険はなんなのか、だけでも情報を仕入れておくと良いでしょう。

加入を勧められたことがないので5.6%

生命保険は加入をすすめられたことがきっかけて加入する人が多いのですが、加入すべきかどうかは生命保険が必要かどうかで決めるべきなのです。すすめられなくても、概要把握し必要性を判断する方が良いのです。

まとめ

生命保険を理解したうえで、自分には必要ない、他の財源がある、と判断しているケースと、生命保険がよくわからない、嫌い、余裕がない、という生命保険のことを認識していない方が利用していないケースに二極化したアンケート結果と言えます。生命保険のことを知らないから利用していないという方は、概略でも把握しておく方が後で後悔しないためにも必要と言えるでしょう。内容を把握している方が必要ないと判断した場合は、加入する必要はないのです。