生命保険料控除で税金がお得になる

memo128_128

生命保険料控除とは

生命保険には、税金の優遇措置があります。生命保険控除と言いますが、これは年間に払い込んだ保険料から一定の金額を所得税と住民税から引くことができる制度です。

生命保険料控除の金額

平成24年1月1日以降に加入した保険契約の場合

所得税の生命保険料控除

対象の生命保険年間払込保険料所得から控除される額
一般生命保険、介護医療保険、個人年金保険20,000円以下払込保険料の全額
20,000円超40,000円以下(年間払込保険料×1/2)+10,000円
40,000円超80,000円以下(年間払込保険料×1/4)+20,000円
80,000円超一律40,000円

※一般生命保険、介護医療保険、個人年金保険合わせて120,000円が限度

住民税の生命保険料控除

対象の生命保険年間払込保険料所得から控除される額
一般生命保険、介護医療保険、個人年金保険12,000円以下払込保険料の全額
12,000円超32,000円以下(年間払込保険料×1/2)+6,000円
32,000円超56,000円以下(年間払込保険料×1/4)+14,000円
56,000円超一律28,000円

※一般生命保険、介護医療保険、個人年金保険合わせて70,000円が限度

生命保険料控除の対象となる保険

一般生命保険 定期保険、終身保険、養老保険、学資保険など

生存または死亡に起因して支払う保険金・その他給付金に係る保険

介護医療保険 入院特約など

入院・通院などにともなう給付部分に係る保険

個人年金保険 定期年金保険など

個人年金保険料税制適格特約を付加した個人年金保険に係る保険

生命保険料控除の対象とならないもの

傷害特約や災害死亡割増特約などの身体の障害のみに起因して支払われる保険特約は対象外になります。

実際に払い込んだ保険料と、命保険料控除証明書に記載される保険料が上記の特約の除外によって異なる可能性があります。詳細については加入にしている保険会社に確認しましょう。

生命保険料控除の申告方法

生命保険料控除の申告は

自営業の方、経営者の方であれば確定申告時に申告します。
サラリーマンの方であれば年末調整時に「給与所得者の保険料控除等申告書」に生命保険料控除証明書を添付して申告します。