生命保険の覚えておくべき言葉の意味

book128_128

生命保険を詳しく理解するためには基本的な用語は抑えておく必要があります。

生命保険の基礎用語

保険の契約者や関連する人物に関する用語

保険契約者

  • 保険会社と契約を結び、契約上の権利と義務を持つ人

被保険者

  • 保険の対象として保険がかけられている人

保険金受取人

  • 保険契約者から指定された保険金の支払いを受ける人。受取人は複数でも問題ない

給付と対価に関する用語

保険料

  • 保険契約者が保険会社に保険契約の対価として支払うお金のこと

保険金

  • 被保険者が死亡したり、高度障害になった場合、満期まで生存した場合などに保険会社から支払われるお金のこと

給付金

  • 被保険者が病気やケガで入院・手術をした場合などに保険会社から支払われるお金のこと

解約返戻金

  • 保険契約を中途解約した場合に契約者に払い戻される保険金のこと

その他の用語

契約日

  • 保険期間の起算日。保険料の払込みや満期日の基準になる日のこと

契約応当日

  • 契約後にくる毎年や毎月の契約日のこと。契約日に対しての年単位や月単位で対応する日のこと。

満期日

  • 契約が満了になる日

保険期間

  • 契約によって保障が継続する期間のこと

保険料払込期間

  • 保険契約にもとづいて契約者が保険料を払い続ける期間のこと

主契約と特約

  • 主契約は生命保険のベースとなる契約のことで、特約は主契約に更かして契約するもの。主契約が消滅すると特約も消滅する

全期型と更新型

  • 全期型は加入から払込満了まで保険料が一定のタイプ。更新型は保険料払込満了時点まで契約が自動更新されていくタイプ。

定期保険倍率

  • 定期付終身保険で、主契約の終身保険の保険金と全体の死亡保険金の比率のことを言う。一般的には20倍~25倍が相場である。