収入保障保険は低コストで大きな保険金がもらえる?

man128_128収入保障保険という生命保険が最近では人気が高くなっています。特徴としては低コストで大きな保険金がもらえるということなのですが、本当にそんなことはあるのでしょうか。ここでは収入保障保険について解説します。

収入保障保険とは

収入保障保険とは、掛け捨て型の定期保険の一種です。死亡や高度障害を保障するものであり、その他の入院や手術給付金、三大疾病保障などがある場合は特約になります。

掛け捨て型 → 満期になっても保険金は戻ってきません。終身保険でもないため最終的に戻ってこない生命保険です。

収入保障保険の最大の特徴

収入保障保険は、保険金額が保険期間の満期になるまで毎月支払われる形の保険です。

  • 加入直後に被保険者が死亡した場合 → 残りの保険期間が長い → 支払われる保険金額が大きい
  • 保険期間終了間際に被保険者が死亡した場合 → 残りの保険期間が短い → 支払われる保険金額が小さい

という形になります。

つまり、保険期間が終了に近づけば近づくほど、保険金額が小さくなる生命保険なのです。

保険期間中であれば、いつ被保険者が死亡しても、保険金額が一定の定期保険とはここが大きく違います。

年数が経過すれば、支払う保険金額が小さくなるため、保険会社の負担も少なくなります。その結果、払込保険料が安くても、大きな保険金額を設定することが可能なのです。

確かに年齢を重ねれば重ねるほど、必要保障額は少なくなってくるため、定期保険のように受け取る保険金額が一定である必要はないため、無駄を排除した生命保険と言えるでしょう。

収入保障保険のメリット

  • 保険料が安く、高額の死亡保障が実現できる
  • 保険金をまとめて受け取らないため、使い切ってしまうリスクがない

収入保障保険がおすすめの方

  • 必要保障額が高くなるが、収入が少ない家庭
  • 必要保障額が高くなるが、貯蓄が少ない家庭

必要保証額が高くなるということは

  • 小さい子供がいる
  • 複数の子供がいる
  • 配偶者の年齢が低い

というケースになります。小さな子供が複数いる場合は、万が一の際に必要な生活費の額が大きくなってしまうのです。

収入が少ない家庭は

  • 払込保険料の負担が大きい

貯蓄が少ない家庭は

  • 収入が途絶えたときに生活費の工面ができない

という状況になってしまいます。

つまり

  • 小さい子供がいるけれども、高額な払込保険料は捻出できない
  • 小さい子供がいるけれども、貯蓄が少ないため、万が一の時の生活費がかなり必要になる

という方に、「保険料が少ないけども、高額な保険金額がもらえる」収入保障保険がおすすめなのです。

収入保障保険の注意点

掛け捨て型であるため、保険料は戻ってこない

収入保障保険は掛け捨て型の生命保険なので、満期になっても、保険料は戻ってきません。

保険期間が終了に近づけば、得られる保険金額は少なくなる

保険加入直後であれば保険金額は大きいのですが、保険期間の終了が近づくにつれて払われる保険金額は少なくなります。この時点での必要保障額が担保できているのかは計算しておくべきポイントと言えます。