子供が生まれたときの生命保険選び

baby128_128

生命保険を考える最大のタイミングが「子供が生まれたとき」です。ここでは子供が生まれたときの生命保険選びについて解説します。

子供が生まれたときの生命保険選びの前に

子供が生まれてから必要な費用を算出するためには、子供が生まれてからの家族の将来設計、ライフプランが重要になってきます。

なぜなら、どのような家庭にするか?どのような暮らしを理想とするか?によって必要な資金が大きく変わってくるからです。

決めなければならないポイントとしては

  1. 専業主婦になるのか?共働きにするのか?共働きの場合はいつから働くのか?
  2. 子供は公立か?私立か?大学進学は?
  3. 住宅の購入はどうするか?賃貸のまま?
  4. レジャー、旅行などの頻度や予算

の4つが挙げられます。

共働きか専業主婦かによって収入は1.5倍~2倍になりますし、公立と私立では、子供の教育費は1400万円も差が出るのです。

この4つのポイントを家族で相談して、大まかな収入と支出を確定させる必要があるのです。

本来はこの時点で、より具体的なライフプランを立てるべきなのですが、ライフプランの作成に自信がない方は、FP(ファイナンシャルプランナー)に無料相談をして、一緒にライフプランを作っていく方法をおすすめします。

  • おすすめのFP無料相談サイト

    「保険マンモス」

    • 申込件数15万件超の実績を誇る無料相談
    • 平均約8年の実績経験のあるFPを派遣
    • 複数の保険を扱う中立のFPのみを派遣

    信頼できるFPを派遣してもらって

    FPに無料相談をする

子供が生まれた場合の保険を検討する手順

1.死亡保障が最優先

子供が生まれてから最優先で検討すべき生命保険です。

生命保険は、万が一稼ぎ手の世帯主が死亡してしまった場合に、残された家族が生活していくための資金をねん出するためのものです。

例えば、専業主婦の家庭で生命保険に入っていなかったら、子供が生まれてから稼ぎ手の旦那さんがなくなってしまった場合には残された奥さんが働きながら、子育てをして、子育て費用や生活費を稼がなければなりません。現実的にはこれは非常に難しいことと言えるでしょう。

上記のような事態にならないためにも、まずは生命保険の死亡保障を充実させるのが最優先と言えます。

生命保険の保険金額は、必要保障額を計算して算出します。

保険金額の算出の元になる必要保障額を試算する

家計に余裕があれば貯蓄性のある終身保険を選ぶべきですが、家計に余裕がない場合は保険金額が大きくて保険料が安い掛け捨て型の定期保険、もしくは収入保障保険を選びましょう。

掛け捨て型の定期保険(収入保障保険)と終身保険を分散して加入するのも賢い方法と言えます。

共働きの場合は、配偶者の死亡保障も合わせて検討する必要があります。

2.子供の教育費用をねん出を考える

子供にかかる費用は思った以上に高額になるものです。

種類 幼稚園 小学校 中学校 高校 大学 総額
公立 690,300円 1,834,842円 1,351,020円 1,159,317円 5,184,000円 10,219,479円
私立 1,462,281円 8,534,142円 3,885,468円 2,900,448円 7,091,500円 23,873,839円

出典:文部科学省「平成24年度子どもの学習費調査」/国民生活金融公庫「平成25年教育費負担の実態調査」

上記のデータは、純粋な入学日、通学費、授業料などの学校の教育費から、学習塾や家庭教師、学校外活動費用などの学校外の教育費も含んだデータです。

子供1人あたり、公立で約1000万円、私立で約2400万円も必要なのです。

住宅の次に大きな費用が発生するものと言っても過言ではありません。

子供が生まれたら、教育費を準備するスタートと考える必要があるのです。

方法としては

  • 普通に普通運賃などで自分で貯蓄をする方法
  • 学資保険などで半強制的に積み立てをする方法

があります。

意思が弱い方におすすめなのは、半強制的に保険料を支払って学費を積み立てる学資保険です。

学資保険とは

3.ケガや病気の際のリスクに対応

死亡保障よりも、高い確率で発生するのが病気やケガです。

病気やケガで入院、通院、手術をしなければならないときに自己資金で対応しなければならないというのは、家計に大きな負担を与えてしまうことになるため、最低限の医療保険には加入しておくことが重要です。

目安は「入院給付金1万円を夫婦ともに加入する」と考えましょう。

まとめ

子供が生まれたときの生命保険選びでは

  1. 生命保険で万が一の際の残された家族のための生活費
  2. 子供の将来に必要な教育費
  3. ケガや病気の際の手術費用、入院費

を保険でカバーすることが重要なポイントになってきます。

とくに子供が生まれたタイミングでは、将来のライフプランの設計を丁寧にすることが重要になってくるため、自分自身で生命保険を選ぶというのも良いのですが、専門家のファイナンシャルプランナーに無料相談をして、ライフプランを作り上げることをおすすめします。

  • おすすめのFP無料相談サイト

    「保険マンモス」

    • 申込件数15万件超の実績を誇る無料相談
    • 平均約8年の実績経験のあるFPを派遣
    • 複数の保険を扱う中立のFPのみを派遣

    信頼できるFPを派遣してもらって

    FPに無料相談をする