20代~30代ディンクス生命保険の選び方

ol128_128

20代~30代で子供がない夫婦2人の家庭(ディンクス)では、どういう形の生命保険を選ぶべきなのでしょうか。ここでは20代~30代ディンクスの生命保険の選び方について解説します。

20代~30代ディンクスの前提条件

夫:20歳~39歳
妻:20歳~39歳
子:なし

世帯年収:500万円~1000万円
住宅:保有(住宅ローンあり)
妻:共働き

子供がいない
共働きで世帯収入が大きい
住宅ローンあり

20代~30代ディンクスの生命保険選びのポイント

共働きのため、どちらかに万が一のことがあってもいいように夫婦とも死亡保障に

共働きでそれなりに世帯年収が大きくなっていて、かつ子供がいないため、生活水準はおのずと高くなりがちです。高い家賃や都内のマンションに住んでいる方も多く、万が一のことがあって急に片方の収入が途絶えた場合には年収があっても今の生活を維持できないということになりかねないのです。

そのため、共働きのディンクスの場合には、夫も、妻も、収入保障保険に入って万が一のときの死亡保障に対応すべきと言えます。老後資金を貯める意味では収入保障保険ではなく、終身保険を選択するのもひとつの方法です。

医療保険を手厚くし、介護やがんなどに備える

収入にある程度の余裕があるのが子供がいないディンクスの特徴ですが、上記と同じで万が一のときの収入減リスクに対応するためには、医療保険も手厚くする必要があります。どちらかの収入が途絶えてかつ入院費などを支払う状況になると、それまでの生活を維持できない可能性が高くなってしまうからです。

入院給付金は1万円以上のもの、がん保険なども検討が必要です。

子供ができたときのためは貯金も重視

ディンクスの場合は、いつ子供ができてもおかしくない状況ともいえます。数年後か、数か月後かわからない状況で子育て費用、教育費用が必要になってくるかもわかりません。臨機応変に対応するためには、収入が多いからと言って貯金をしないのではなく、収入の2割ほどは貯金に回すことを心がけながら子供ができたときの支出増、収入減に対応する準備をしておきましょう。

20代~30代ディンクスの生命保険選びの例


  • 収入保障保険:給付金額15万円(35年)
  • 終身保険:保険金額500万円(払込期間65歳まで)
  • 終身医療保険:入院給付金10000円
  • がん保険:診断給付金60万円、入院給付金20000円


  • 収入保障保険:給付金額10万円(35年)
  • 終身保険:保険金額300万円(払込期間65歳まで)
  • 終身医療保険:入院給付金10000円
  • がん保険:診断給付金60万円、入院給付金20000円

想定保険料

  • 夫:20,000円
  • 妻:15,000円
  • 合計:35,000円

まとめ

20代~30代ディンクスの場合は、子供がいない共働きでそれなりの世帯年収があるのが特徴です。

世帯年収が高いから保険の必要がないというのは大きな間違えで、世帯年収が高いからこそ、現状の生活水準が高くなってしまっている可能性が高く、万が一のときに対応できないリスクは、年収が低いファミリーよりも大きいこともあるのです。

夫・妻ともに稼ぎ手であるため、どちらにも十分な死亡保障と医療保険を用意しておく必要があります。

また、いつ子供ができてもいいように収入に対して2割以上は貯金をしておくことを心がけましょう。