生命保険の販売チャネル別のメリットデメリット

doctor2128_128生命保険に加入する方法はいくつかの方法があります。販売チャネル選びも、生命保険選びに大きな影響を与えるものと考えてよいでしょう。ここでは、生命保険の販売チャネル別のメリットデメリットにつて解説します。

生命保険の販売チャネル別のメリットデメリット

生命保険の販売チャネルメリットデメリット
生命保険会社 営業自宅や職場まで駆けつけて説明してくれる自社商品のみのため、偏った情報
加入した場合のアフターフォローも親身にしてくれる担当者のスキルに個人差がある
積極的な営業スタイルのため、強引
来店型の保険相談窓口(専属)親身に相談にのってくれる1社の商品のみため、偏った情報
加入した場合のアフターフォローも親身にしてくれる担当者のスキルに個人差がある
販売手数料の高い商品に偏る
来店型の保険相談窓口(総合)貯蓄型の生命保険の提案が多いニーズに合った商品を用意していないケースもある
複数の生命保険を扱っている販売手数料の高い商品に偏る
加入した場合のアフターフォローも親身にしてくれる
ネット生保掛け捨て型の生命保険が中心自分で選ぶ保険の知識がある程度必要
保険料が格安
FP(独立型)親身に相談にのってくれる友人や知人の紹介の場合断りにくい
加入した場合のアフターフォローも親身にしてくれるFPのスキルに個人差がある
複数の生命保険を扱っている
中立で利用者目線の提案をしてくれる
生命保険通販サイト複数の生命保険を扱っている自分で選ぶ保険の知識がある程度必要
しつこい勧誘などがないニーズに合った商品を用意していないケースもある