がん保険とは

doctor128_128

がん保険とは一体何でしょうか?生命保険選びにも密接に関係してくる医療保険について解説します。

がん保険とは

がん保険とは、その名の通り「がん」のみを保障の対象としている保険のことを意味します。

がん保険の給付金には

  1. がんと診断されたとき「がん診断給付金」
  2. がんの治療のために入院したとき「がん入院給付金」
  3. がんの治療のために手術したとき「がん手術給付金」

の3つが基本的な給付金になっており、この3つの給付金に色々な特約が付帯されてがん保険が成り立っているのです。

がんは先進医療を受けることもあり、入院や手術、長期の通院など他の病気よりも高額な費用が発生してしまうリスクがあるため、医療保険とは独立した形でがんのみの保険が人気が高いのです。

最近では、医療技術が進んだことにより、がんも「治せる病気」になってきた一方、治すためには全額自己負担の先進医療などの高額な費用負担が必要になっているのです。

がん保険は定期型と終身型があり、生命保険と同様に定期型は保険料が安くなり、終身型は保険料が高く設定されるのです。

がん保険は診断一時金(診断給付金)がメインに

最近では、がんの治療も通院治療が主流になってきているため、がん保険もそれに応じたように入院や手術の給付金ではなく、診断一時金(診断給付金)を手厚く設計しているものが多くなってきました。

診断一時金で受け取ることで、その後どのような治療を選択したとしても、その資金を自由に使えることに大きなメリットがあるのです。

さらに最近では実際にかかった治療費を負担する実損払い方式の商品にも注目が集まっています。

がん保険と医療保険の使い分け

がん保険と医療保険は何が違うのでしょうか?

がん保険

「がん」だけが保障対象 → 保険金額が高額

医療保険

「がん」も、「がん」以外の病気も保障対象 → 保険金額が少額

という違いになります。

いろんな病気へのリスクに対応したい場合は「医療保険」を選ぶべきですし、通常の病気に関しては貯蓄やその他の資金で対応できるけど、がんの高額な費用負担に関して保険でカバーしたいという場合は「がん保険」を選ぶべきなのです。

当然、家計に余裕があれば両方に加入するという選択もあります。

まとめ

がん保険も、医療保険と同様に「稼ぎ手」の収入が途絶えた場合に、貯蓄なり、他の収入なりで、治療費や生活費に対応できない場合に必要となる保険です。

家計に余裕がある人が入るケースもありますが、どちらかというと家計に余裕がない方の方が必要性が高い保険と言えるでしょう。

家計や貯金に余裕があるのであれば、がん保険に入らなくても高額な治療費に対応できる可能性があるからです。

生命保険の検討と同時にがん保険の必要性についても同時に検討する必要があるのです。

がん保険人気ランキング

「保険市場」
hokensijoranking

  • わずか5秒で条件に合ったがん保険を比較できる
  • 最新のがん保険の人気ランキング
  • 最大24社のがん保険の資料を一括請求可能

人気のがん保険人気ランキングをチェックして

がん保険人気ランキングを見る