がん保険の選び方

hospital128_128

がん保険は医療保険の中でもがんに特化した保険であり、人気が高い保険のひとつですが、がん保険の選び方というのはどうすれば良いのでしょうか?ここではがん保険の選び方について解説します。

がん保険を選ぶ判断基準

がん保険は下記の3つの判断ポイントがあります。

  1. 診断給付金(診断一時金)
  2. 保障期間
  3. 特約(先進医療特約・通院特約など)

の3つです。この3つのポイントに重点を置いてがん保険は比較検討するものなのです。

1.診断給付金(診断一時金)

診断給付金というのは、がんと診断されたときにまとまったお金が手に入るものです。

元々は診断給付金というものは重要度が高くなかったのですが、近年がん治療も進化していて、入院せずに通院主体の治療になっているのです。そのため、保険金の受取方も、入院給付金よりも診断一時金の方が使い勝手がよく人気が高まってきているのです。

当然、診断給付金は金額が重要なポイントになります。

診断給付金が充実したがん保険を選ぶべきなのです。

注意点としては、診断給付金は金額の多寡に目がいきがちですが、商品によって診断確定の条件が微妙に違うのです。

診断が確定したときに支払われるもの、入院したときに支払われるもの、一度だけしか支払われないもの、再発しても支払われるもの・・・と条件の違いが診断給付金の受取に大きな影響を与えるのです。

2.保障期間

がん保険も、生命保険や医療保険と同じように保障期間が重要な意味を持ちます。

「10年ものの定期型保険」
「終身型保険」

が主な保障期間ですが、基本的には終身型のがん保険がおすすめです。

当然、年齢が高くなれば高くなるほど、がんの発生率は上がっていくため、がんに対するリスクを考えるのであれば途中で保障が終わるものよりは、終身型のものの方がよいのです。

家計的な余裕がない場合には定期型で余裕ができてから終身型への見直しなどを検討すると良いでしょう。

3.特約

がん保険では特約が重要な意味を持ちます。

というのも、がんは治る病気に医療が進化しているのです。

しかし、先進医療を受ける場合には、公的な保険はきかず全額自費負担になってしまうのです。そのため、最近のがん保険の特約には、先進医療特約などの特約が付帯されている商品が増えているのです。

先進医療を受けるための特約の有無もチェックすべきポイントと言えるでしょう。

まとめ

がん保険を選ぶポイントは

  1. 診断給付金の金額と支払い条件
  2. 保障期間
  3. 先進医療特約

の3つを比較検討すると良いでしょう。

がん保険人気ランキング

「保険市場」
hokensijoranking

  • わずか5秒で条件に合ったがん保険を比較できる
  • 最新のがん保険の人気ランキング
  • 最大24社のがん保険の資料を一括請求可能

人気のがん保険人気ランキングをチェックして

がん保険人気ランキングを見る